Comfort every day. Relief of living.
Carelessly living your city life,
advanced equipment and specification to support beautifully.

Structure

  • コンクリート強度

    1㎡あたり最大約3,000t~3,900tの圧縮に耐えられるコンクリート設計基準強度を採用しています。(付属建物、杭及び外構等は除く)

  • コンクリートかぶり厚さ

    建物劣化の原因となるコンクリートの中性化に配慮したかぶり厚(鉄筋を覆うコンクリート厚さ)にて設計・施工をしています。

  • 水セメント比

    水セメント比とは、セメントに対して混合する水の量の比のことで、水の比率が少ないほど耐久性の高いコンクリートになります。本件では、この水セメント比を50%以下に設定していきます。
    (付属建物、杭及び外構等は除く)

  • ダブル配筋

    壁の配筋を2列にしたダブル配筋によって、シングル配筋より高い強度を実現しています。
    (一部除く)

  • 溶接閉鎖型帯筋

    柱の帯筋の継ぎ目をあらかじめ工場で溶接する溶接閉鎖型帯筋を採用しています。継ぎ重ねのある帯筋と比べて粘り強い構造です。
    (一部除く)

  • 二重床・二重天井

    床と天井の仕上げ材とコンクリートスラブの間に空間を設け、配管や配線をコンクリートスラブ内に可能な限り埋め込まない工法です。リフォームやメンテナンスの対応に配慮しました。

  • 外壁

    コンクリート壁(厚み約150mm~約180mm)の住戸内側は断熱材を施し断熱性に配慮しています。外壁タイルまたは吹付タイルにて施工しています。

  • 戸境壁(乾式耐火遮音壁)

    戸境壁は乾式耐火遮音壁とし、ボードとボードの間にグラスウールを充填しています。(一部除く)

  • 戸境壁(RC壁)

    隣住戸との間の一部の戸境壁はコンクリート壁(厚み約150mm~約180mm)を確保しています。(一部)

  • 複層ガラス

    2枚のガラスの間に空気層を設け、室内への外気温の影響を軽減します。断熱効果を高めるとともに、ガラス面への結露対策に配慮しています。

  • 対震ドア枠

    強い地震時に建物が歪んでドアが開かなくなると、避難経路が確保できなくなる場合があります。ドア枠とドアの間にゆとりを設けているので、多少変形したときでも、開閉がしやすいよう配慮しています。

  • 耐震ラッチ

    キッチン吊戸には、地震時に扉が開いて物や食器等が落下しないように、一定の揺れに反応して扉をロックする耐震ラッチを採用しました。

  • 地震時自動着床装置付エレベーター

    地震一定以上の揺れを感知した場合や停電の際、自動的に最寄りのフロアに停止します。

  • 火災時に備えた熱感知器

    キッチンや各居室の温度または温度上昇率一定以上になると熱感知器がキャッチ。警報が鳴り、管理室・警備会社へ通報されます。

  • ホルムアルデヒド対策

    フローリング、ビニールクロス等の内装表面材及び内装用接着剤には「F☆☆☆☆」(エフフォースター)の製品を採用しています。また、強制的に住戸内の空気を換気する24時間換気システムを採用しています。

  • 給気口

    冷暖房中は、窓からの換気を怠りがちです。リビング・ダイニング、外気に面した各居室にそれぞれ換気レジスター(給気口)を設けています。

  • 差圧式給気口

    リビング・ダイニングには、レンジフードの使用等で室内の気圧が変化すると作動する差圧式給気口を採用しています。そのため室内外圧の変化が起きにくく、窓や玄関ドア等の開閉が必要以上に重くなるのを軽減しています。

  • 扉のアンダーカット

    換気をスムーズにするために、住戸内の扉下部と床の間には隙間を設けています。排気を促し住戸内に行き渡らせるための工夫のひとつです。

  • 分電盤

    漏電火災を予防するために各住戸分電盤には漏電遮断機を設置しています。1住戸内の回路に30mA以上の漏電が発生した場合、ブレーカーが動作して漏電火災を防ぐ対応をしています。

  • 遮音対策

    排水管には生活排水などの気なる音にもきめ細やかな配慮をしたフネン遮音パイプを使用。遮音性能に優れたフネンパイプに吸音・遮音性のあるシートをメーカー装着することにより安定した遮音性能が得られます。

  • 住宅性能評価

    国土交通大臣の登録を受けた第三者機関による設計住宅性能評価書を取得済みです。竣工時は建設住宅性能評価書も取得予定です。